終身医療保険が人気です

終身医療保険が人気の理由

おすすめの終身医療保険のご案内

保険に入るときは保障期間をチェック

医療保険に入られている方は多いと思います。病気やケガで入院したときに給付金が支払われる保険ですが、ご加入されている保険の保証期間はご存知でしょうか。医療保険には終身医療保険と定期医療保険があります。終身保険は一生涯保障が続きますが、定期医療保険にご加入の場合は、例えば80歳までのように保障期間が定められています。その場合、平均寿命がどんどん長くなっていますので、もしかしたら生きている間に保障期間が終わってしまうかもしれません。人生100年時代と言われる現在では、保証期間が長い方がより安心です。そのためか、今は終身医療保険が人気になっています。もう医療保険に入っているけど保障期間はどうだったかなという方は、一度ご確認ください。まだご加入されていない方は、入るときにぜひチェックしてみてくださいね。

長生きしたときのリスクに備える

平均寿命が伸びて、長生きできるのはもちろん嬉しいことですが、残念ながらリスクもあります。若いときには何もなくても、高齢になってくると病気になったり、転んでケガをしたりしてしまう確率は高くなってしまいます。でも退職された後は収入が減ってしまい、もし入院することになった場合、経済的に不安を感じる方が多いのではないでしょうか。もちろん蓄えがたくさんあれば心配はないのですが、なかなかそう思える方は少ないかもしれません。急な出費があったときに貰えるお金があるのとないのでは、精神的にも大きな違いがあります。長生きしたときのリスクに備えて準備しておくと安心です。

保険のご加入は早めがおすすめです

終身医療保険の保険料はずっと一定ですが、契約するときの年齢で金額が決まります。一般的に若い方の方が安い保険料で契約ができます。そして保険に入るには健康であることが必要です。もし病歴があったり健康診断の結果に問題があると、保険に入れなかったり、入れても条件がついたり、健康な方に比べて保険料が高くなってしまうケースもあります。年齢が高くなると契約するときのリスクも高くなります。又、お支払いの期間には終身払いと払済(60歳や65歳まで等)があります。払済にすると支払い期間が終わった後はラクになりますが、それまでの支払い額は終身払いと比べると高くなります。どちらがいいか一概には言えませんが、若いうちに入る方が選択の余地が広いのではないかと思います。終身医療保険はたくさんの保険会社から発売されています。それぞれ違いがありますが、今はネットで簡単に調べられます。保障期間はもちろん、保証内容やお支払いの期間など確認してみてはいかがでしょうか。

人気記事ランキング