バナースタンドをプリント印刷する素材は特徴を理解しよう

素材サンプルを利用して特徴を確認

サービス業を行っている企業の場合は、入口に商品を宣伝する為に様々なアイテムを活用していますよね。店舗でもお店で購入できるアイテムや、食品であればメニューなどの案内などを見かけます。販促用アイテムには色々種類がありますが、その中でも印象に残りやすく目立つタイプとしてバナースタンドがあります。バナースタンドは大きさや形などの違いはありますが、基本的に大きく全面に宣伝内容をアピールすることができる販促アイテムになります。そのため多くの企業や店舗で活用されていますよ。実際に活用する場合は専門の業者に作成依頼を行いますが、デザインなどの他にプリントするための材料には色々種類があります。種類ごとの特徴や効果などを確認しながら、どの材料を使用するのか決めることが大切になりますよ。そんな時は業者によって提供しているサンプル品の活用があります。サイズは小さいですがサンプル品は実際にどのような材質なのか、手触りや見た目が確認できるのでおすすめです。

プリントする際に耐水性が高い素材

販促アイテムで重要なのは、見る相手に興味を持ってもらうためのインパクトになります。そのためデザインだけでなくプリントする際の材料も、仕上がりには大きな違いが出てきますよね。実際に使用できるタイプとしてクロスタイプがあります。クロスタイプの中でもトロマットは、ポリエステル製でできており厚手のある布タイプになります。布ではありますが軽量で手触りも柔らかいので、シワになりにくいという特徴があります。また耐水性もあるので、外に設置する場合にも安心して利用が可能です。クロスのスエードタイプは、同じ布になりますが光沢があるのが特徴になります。またトロマットに比べて若干厚みがあるタイプになります。耐水性はありますが、耐水スプレーを利用することでより撥水効果を高める事ができますよ。

光沢や厚手タイプなど特徴のある素材

バナースタンドの素材として利用できる種類として、合成紙やラミネートが一般的に多く使用される種類になります。発色がとてもよいので写真や画像をデザインする場合に最適な種類の1つになります。多少合成紙よりも発色はおとりますが、同じように綺麗にプリントできるタイプとしてターポリンがあります。ビニール系のテント生地な手触りが特徴です。スタンドを作成する場合は出力メディアとして色々種類はありますが、デザインの内容なども踏まえて選ぶのが大切ですね。

記事一覧