バナースタンドのプリントの種類について

オリジナルのバナーを作ることも

バナースタンドは、専門の業者に依頼すればオリジナルのものを製作することが可能です。用途に合わせてサイズやプリント生地を選ぶ必要がありますが、比較的自由度が高く押し出しが強いのがバナースタンドの魅力。店舗の宣伝やイベントの装飾などに手軽に使えてキャッチーですし、比較的リーズナブルに製作出来るのでニーズも高いツールです。自立式なのでどこにでも置きやすいですし、種類によっては収納しやすいので保管にも便利ですね。特にロールアップタイプのものは、その名の通りくるくると巻き取ってケースの中にしまえるので、設置時も撤去時も簡単便利なのが特徴。基本的に、スタンドさえあれば印刷部分を交換するだけで後々使い回しも可能なものが多いので、汎用性があります。広告面積が大きいので視認性が高く、強くアピールしたい時には最適ですね。

広告面はどんな印刷種類があるのか

バナースタンドの広告面は、専用の生地にデザインを印刷して製作します。生地には化学繊維のものやビニール、合成紙などがありますが、それぞれ見た目や耐久性が異なり価格も変わります。印刷方法としては、インクジェットやシルクスクリーンなどがありますが、ロットやデザインによって選択する必要があるでしょう。例えば、製作個数が少ない場合には、インクジェットでフルカラープリントをするのがおすすめです。デザインに写真などの画像を組み込んでいる場合には、インクジェットのほうがキレイに濃淡を表現出来ます。大量製作の場合はシルクスクリーンが適していますが、デザインは比較的色がハッキリしたベタ色のほうがキレイに仕上がります。比較したい場合はサンプルを確認すると良いでしょう。

仕上がりとコストを重視してマッチングを考える

前述のとおり、写真印刷なら家庭用プリンターでも採用されているインクジェットを選んだほうがキレイなフルカラー印刷が可能です。ただ、全国でイベントを展開するなど大量発注を行うなら、シルクスクリーンを選んだほうが結果的には安上がりになるでしょう。例えばシルクスクリーンに写真やグラデーションのあるデザインを使ってしまったら、コストがかかりすぎます。制作費を抑えたいなら無理にデザインを通さず、色数を減らすなどの工夫をしたほうがコスト的にはメリットが生まれます。生地にも種類がありますが、激安だからと言って耐久性を無視して選んでしまうとかえって高くつく場合があります。例えば頻繁に使用するものを化学繊維で作ってしまうと、消耗が早くなりすぎるので、もっと強い種類の生地のほうがおすすめ。目的はあくまでも宣伝なのですから、プリント面の仕上がりの美しさを重視するのは大前提。同時に耐久性やコストも考えなければいけませんから、バランスについては製作会社からアドバイスを受けたほうが良いでしょう。

記事一覧