初めて注文を頂き見積りを確認します

バナースタンドは店舗だけでなく企業でも利用されることが多い販促用アイテムの1つになります。大きな宣伝用スタンドは目につきやすく、インパクトがあるので宣伝効果はとても高いです。実際に利用を希望する場合は、バナースタンド製作を専門に行っている業者に依頼するのが一般的な流れになります。最初に注文依頼を行います。最初の依頼時点で見積りを貰う事も可能ですよ。注文を貰った業者側から返信が届くので、見積り内容を確認したうえでこのまま製作を依頼するかどうかの確認を行います。依頼する方法としては電話やメールのほかに、業者ホームページ内に専用フォームがある場合もあります。

データ入稿後に問題なければ入金手続きを行います

見積り確認後に引き続き依頼する場合は、データの入稿する流れになります。データ自体は業者側で入稿ができないソフト指定がされているので、指定されたソフトでの作成が重要になります。データ入稿方法についてですが、メールの他にファイル転送サービスやCDやDVDメディアでの送付などから選べます。入稿後のデータを業者がチェック後に、問題が無ければ改めて製作のための料金請求書が届きます。ただし最初の見積りの金額と多少差がでる事があります。理由としてデータ入稿じのデザインの内容によっては、印刷時に使用するカラーバリエーションなどによって多少なり金額が変わる可能性があるからです。金額の詳細については、業者側に確認することがポイントですね。請求金額内容に問題なければ、銀行振込を行い料金の支払いを行います。料金の支払いは先払いのことが多いですよ。

スタンドプリント作成が行われて納品になります

業者側は料金請求後に、依頼主からの入金が確認ができたらバナースタンドのプリント作業が行われます。印刷して仕上がった商品は、品質の確認のためにサンプル品として依頼主に届きます。デザインの不備のほかに色の見え方や全体的な仕上がり具合などのチェックを行います。サンプル品で商品完成に問題が無ければ、注文を頂いた枚数のプリントを行い製作されます。最終的に依頼頂いた内容の製造がおわれば、宅配にて納品という流れとなります。専門業者に依頼した場合の基本的な流れになりますが、利用する業者によっては内容が異なる場合があります。気になる点や分からない点がある場合は、そのままにせず都度業者に確認しながら依頼を進めていく事が重要になりますよ。また最初の時点で見積りを出してもくれる業者が多いので、複数業者から見積りを取る事で比較して何処を利用するのか選ぶことも大切ですね。

記事一覧